連珠 第59期名人戦五番勝負 配信構成

日本連珠社主催 第59期名人戦五番勝負の第1局、第2局を配信します。(第3局以降は未定)

対局映像 : コマラボ連珠ライブ
第59期名人戦 五番勝負 第1局 中山智晴九段 vs 神谷俊介八段 – YouTube
第59期名人戦 五番勝負 第2局 中山智晴九段 vs 神谷俊介八段 – YouTube

解説放送 : コマラボ
[連珠] 第59期 名人戦 五番勝負 第1局 中山 智晴 九段 vs 神谷 俊介 八段 | 解説放送 – YouTube
[連珠] 第59期 名人戦 五番勝負 第2局 中山 智晴 九段 vs 神谷 俊介 八段 | 解説放送 – YouTube

 

対局室と解説室は別部屋となるため映像の転送をどのようにしようか思案したが、
結局は一番簡単な YouTube の放送をキャプチャするという方法にすることにしました。
タイムラグが発生するのが気になる点ではあるものの、1秒を争うような内容ではないため良しとする。
テストとして HDMI を無線で飛ばす機器を持っていくが、果たして物理的な壁をどのぐらい越せるだろうか。

主な使用機器
Panasonic Video Camera x 2
Zoom Q4n
HDMI 2in-1out
HDMI Capture x 3
Atem Mini
Zoom F4
Boundary Mic (AudioTechnica)

 

(追記)
現場での対応にて最終的には以下の構成となる。
Hollyland Mars 300 Pro Standard は壁越しの隣室でも、ほぼ問題無く(時々の瞬断はあるが気にしないレベル)、映像の送受信ができた。
結局、一番の問題になったのは Wifi ルーターである。23区内ではあるものの、あまり電波が強い地区ではなく、Panda Studio からレンタルした2台のうち1台は接続が悪かった。違う部屋とはいえほぼ同じ環境で使って1台だけ不良なので、個体不良と思われるがサポートからは「再起動してください」としか返答しなかった。配信中に再起動はできないのだから、そんなトラブル対応は全く意味が無い。トラブルの原因を探ろうとしないテクニカルサポートの存在って?と元エンジニアとしては思うのであった。

Tags:

No responses yet

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。